ブログを書く前にやる5つのことと、ツイッターに140字いっぱいにつぶやく4つのメリット(仮)


いざブログを書こうとすると、
書けないことってないですか?

そういうときに、この5つをやっておくと、
スムーズにブログが書けるようになります。

その5つとは、

1、伝えたいメッセージを考える・思いつく
2、それに伴うキーワードを書き出す
*ここで気をつけることは、自分の頭で考えないということ。無料のツールがあるのだから、それを利用すること。
3、誰に伝えるのかも明確にする
4、アウトラインを下書きする
5、ツイッターに記事の要約を投稿する
*140字ギリギリで書くこと。
実際、140字ギリギリに書くことで、
この4つのメリットも得られる。

①フォロワーを増やす効果。
②実際に記事を書くときに、「伝えたいメッセージ」から、大きく脱線せずに済む。
③自分の考えも整理できる。
④フォロワーさんのレスポンスが得られる。
(その応答次第で、記事の内容に変更も可能できる)
これがいちばん重要なことかもしれませんが、
記事を書く準備に、多くの時間を使わないこと。
日頃から、
何を書きたいのか、何を伝えたいのかを明確にしていれば、おのずと情報は集まってくるはずです。
なので、準備はほどほどにしましょう。
「伝えたいメッセージが1つ」明確になったら、
すぐにツイッターで140字ギリギリにつぶやく。
たったこれだけで、記事の5割ぐらいはできたようなものです。

最初から完璧を目指さず、未来の自分に後始末をお願いするぐらいの勢いで、記事なんて公開しちゃいましょう。
『夢をかなえるゾウ』という本に、こういう言葉があります。

「世の中に、どんだけぎょうさんの仕事がある思てんねん。しかも、その才能を判断する人、どんだけおる思てんねん。確かに、なかなか自分の才能は見出されんかもしれへん。けどな、それでも可能性を感じるところにどんどん応募したらええねん。そこでもし才能認められたら、人生なんてあっちゅう間に変わってまうで」

これは、「応募する」ということの大切さを説いたものです。
ブログだってそうです。
「世界」に公開し、「応募」しなければ、誰にも読まれないのです。
7割ぐらいの出来でいいんです!
書いたら、すぐに公開しちゃいましょう♪
「後始末」は、未来の自分におまかせでwww