勝てる勝負にかならず勝つ、回遊性を高める3つの戦略(仮)

読者にとって、
「心地のよいブログってなんだろう?」と考えたときに出た答えは、「回遊性」が高いことなんじゃないかなぁと。
トレンドブログのように、瞬発的なアクセスで個別の記事がバズったとしても、その記事だけしか読まれず「次に」つながらない。
検索から来てもらって、ずっと自分のブログを、回遊してくれることほど嬉しいことはない。
回遊性といえば、ヤフーニュースはそこらへんを徹底的に、研究されつくされている。次から次に、「目に止まる位置」に、記事が配置されている。
そこで、回遊性を高めるため方法はなにかと考えてみると、
・大きいワードで検索を狙わない
・テーマを「円が重なるテーマ」にする
(「痩せる方法」を知りたい人が、「太る方法」を知りたいわけがない)
・UIをユーザーが直感的に回れるデザインにすること
とりあえず、この3つの戦略が考えられる。
(他にあれば、また追記します)

この3つの戦略をもとにやるべきことは、
1)小さなワードで、
2)重なるテーマで記事を書く。
3)そして、有料のUIを使うこと。
(このブログでは、まだ導入していませんが、近いうちにワードプレスに移行し、有料テーマで運用します)
回遊性を高めるのは、勝てる勝負ではかならず勝つようにするためでもあります。
紳竜という漫才コンビを組んでいた当時の島田紳助さんは、

「勝てない現場には行かない」ということを徹底していたように、

勝てるテーマ・ワードでは、かならず勝ちを取りにいきましょう♪